理念・基本方針沿革・概要

ステーション紹介

今、社会に必要なもの…。
それは「人と人の絆」。
訪問看護、リハビリテーションの
現場を通して、
素晴らしい出会いが待っています。

リハビリテーションとは・・・

「全人間的復権」と訳されることがあります。
「再びその人らしい生活が実現できるようになる」ことを目指すことがリハビリテーションであると私たちは考えます。
私たちはそのサポーターとして在宅支援に携わっています。

当ステーションの特徴

  • 療法士が多く在籍しています看護師による医療的ケアを行い、全身状態の安定を図りながら、療法士と協働して利用者様のリハビリテーション支援に関わることに力を入れています。
  • 広範囲のエリアを訪問しています広島市を4つのエリアに分け、各エリアに看護師・療法士を配置することで広範囲に訪問することが可能となっています。広島市以外でも安芸郡、呉市(一部)の訪問も可能です。
  • 多職種との連携に努めています医療機関・各事業所・地域との連携を密に図りながら、利用者様・家族様が住み慣れた場所で安心して在宅生活を送れるように支援します。
  • スキルアップを欠かしません事業所内で定期的に勉強会を開催しています。情報は日々更新されます。知識・技術の向上を図ることを怠らず、利用者様へ還元できるよう努めています。また、外部講師の実績もあります。

お気軽にご相談ください!

看護師が訪問して何をしてくれるの?家でするリハビリって何?等々・・・
利用者様を始め、家族様・ケアマネージャー様は多くの疑問をお持ちです。
当ステーションでは「無料相談」を随時受け付けておりますので、少しでも気になることがありましたらお気軽にお問合せください。

広島市内を中心に利用者様のお宅に訪問します。
エリア紹介
  • 広島市内全域
  • 安芸郡(府中町、海田町、熊野町)

代表的対象疾患など

  • 脳血管障害脳出血、脳梗塞後遺症
  • 運動器障害廃用症候群、各種骨折・変形性関節症(術後含)
  • 厚生労働大臣が定める指定難病
  • 脊髄・脊椎損傷
  • 慢性呼吸器疾患
  • 脳性麻痺
  • 認知症

利用者様の声

女性 Y.I 様

毎週おかもとリハビリの看護師さんが来て下さることが励みになっています。看護師さんは、自分の考えを押し付けず、まずはこちらの想いを聞いた上でアドバイスを下さるので、とても信頼しています。
何より安心して過ごせるのが本当にうれしいです。

男性K.A 様

家でリハビリをしたくて、ケアマネさんにおかもとリハビリを紹介をしてもらいました。
リハビリの方が来てくれるまではほとんで寝てばかりで、自宅から出ることはありませんでした。
リハビリの方が来てくれるようになってから一緒に外を歩けるようになりました。
今は、近くのスーパーに歩いていくことが目標にリハビリをがんばっています。

理念・基本方針

理念

温かい思いやりのある心で
最新・最良の看護・リハビリを提供し社会に貢献します。

基本方針

  • 利用者および家族の立場になって心のこもった看護・リハビリを
    施行します。
  • 信頼される看護師・セラピストを目指します。
  • かかりつけ医師、ケアマネジャー、他のサービス事業者と
    連携をはかり地域に貢献します。
  • 最新の看護・リハビリを提供するために常に研鑽に努めます。
  • 自主・自立の精神のもと、ひとり一人が生き生きとした
    働きがいのある訪問看護ステーションにします。

管理者より一言

訪問看護ステーション
管理者 石井 美秀

利用者様やご家族の思いを尊重し、寄り添いながら一日でも長く在宅療養生活を維持できるようにお手伝いします。
在宅療養する利用者様、家族様が不安なく毎日を過ごすためには切れ目ない細やかな医療、看護連携が必要です。主治医との連携はもとより、退院前カンファレンス等にも積極的に関わり、退院後は主治医、ケアマネジャー、他職種と、きめ細やかに連携を図り利用者様、家族様にとって最良、最善の看護を提供します。
自己決定権の尊重、残存能力の活用、生活の継続性を念頭に、利用者様、家族様の「したい」を守るために、おかもとリハビリ訪問看護ステーションの職員一丸で生活支援を行っていきます。 困っている事、気になっている事などありましたら、いつでもご相談ください。

訪問看護ステーション
事業責任者 重廣 祐二

「この場所で、より良く生活したい。」
在宅生活を送る方々の願いは同じでも、価値観や生活背景、環境は十人十色です。私たちは、一人一人の思いに寄り添い、常にそれぞれのQOL(quality of life)を考えたサービスの提供を心がけていきます。
「これができない。」「ここが悪い。」という悩みに対し、看護・リハビリ双方で支援することは当然ですが、「何ができる?」「どこが良い?」という視点を持って、それを活かす支援も行います。
看護・リハビリの立場だけでは実現できないことは多々あります。ご家族、医師、ケアマネジャー、他職種、地域の方々との「協働」によって、利用者様の「より良い生活」の実現のお役に立てるよう、日々努力してまいります。

沿革・概要

沿革

平成18年 訪問リハビリサービスを開始
平成21年 訪問リハビリテーション事業所開所
平成24年 おかもとリハビリ訪問看護ステーション開所

概要

事業所名 おかもとリハビリ訪問看護ステーション
事業所在地 〒732-0033 広島市東区温品7丁目5-12
所長 石井 美秀(NS)
開所年 2012年
職員数
※2020年4月1日現在
看護師14名、理学療法士19名、作業療法士11名、言語聴覚士1名、事務員4名(非常勤含)
事業内容 訪問看護、リハビリテーション

会社概要

会社名 医療法人おかもと整形外科クリニック
本社所在地 〒732-0033 広島市東区温品7丁目5-26
代表者 理事長  岡本 健(MD)
創業年 1996年
法人全体の職員数 ※2020年4月1日現在 110名(非常勤含)
事業内容 整形外科診療所、訪問看護ステーション、通所リハビリステーション、通所介護

医療法人おかもと整形外科クリニック
おかもとリハビリ訪問看護ステーション

〒732-0033 広島市東区温品7丁目5-12

TEL 082-516-5855
FAX 082-516-6630

お問い合わせ

おかもと整形外科 おかもと整形外科スポーツクリニック本体サイトはこちら