2020年7月28日おかもと整形外科

代診の医師のご紹介

みなさん、こんにちは!
おかもと整形外科クリニック理学療法士の三戸です。

おかもと整形外科クリニックは岡本健院長だけでなく、
毎週火曜は長きにわたり、代診の医師に来ていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医師 沖本信和

専門 スポーツ医学、関節リウマチ、関節外科・・・
・日本整形外科学会整形外科専門医
・日本オリンピック委員会強化スタッフ
・日本リウマチ学会リウマチ専門医
・日本体育協会公認スポーツドクター
・日本リウマチ財団リウマチ登録医
・日本整形外科学会スポーツ医
・日本整形外科学会リウマチ医
・日本整形外科学会脊椎脊髄病医

沖本先生はご自身の病院だけでなく、様々な病院へ出向かれ、

多くの手術や診療をこなす一方で積極的な研究発表もこなされています。

さらにさらに、男子ハンドボール日本代表のチームドクターも務められており、

スポーツ医学についても精通しておられます。

我々スタッフに対してもいつも丁寧にご指導くださり、

スタッフからも患者様からの信頼も厚い医師です。

 

岡本院長、沖本医師のもと、おかもと整形外科クリニックでは

患者様に来てよかったと思っていただけるような医療を提供してまいります。

※ご注意ください!
沖本医師は毎週火曜のみの診察となっております。

 

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

2020年7月28日おかもと整形外科

上腕骨外側上顆炎

肘の外側が痛いかも・・・。」そんな症状はありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、フライパンなど重たいものを持つときやパソコン作業をするとき、

あるいはテニスやゴルフなどのスポーツ中に、肘が痛いと思ったことはありませんか?

 

こんにちは!リハビリテーション科、理学療法士の田村です。

今回は、肘に痛みを出す疾患の1つ、上腕骨外側上顆炎についてご説明します。

 

上腕骨外側上顆炎とは、手を使う等で慢性的に肘に負担がかかり、

肘の外側に痛みが生じる疾患のことです。

この疾患に対して、リハビリは有効であると言われています。

 

また、この疾患は日々の使いすぎが大きな原因なので、生活の工夫が必要です。

以下に生活の工夫方法を挙げます。ぜひ、ご活用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の方法で楽になれば幸いですが、一度受診をお勧めします。

なぜなら、患者さん個々で必要なことは異なるからです。

当院では、上記の生活指導に加えて、個々の患者さんに合わせた

オーダーメイドのリハビリをご提供できます。

 

肘の痛みにお悩みの方は、迷わず受診することをお勧めします。

理学療法士と相談しながらリハビリをしていきましょう!!

 

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123

ホームページアドレス

おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/

おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html

オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

最新の記事

2021年4月14日

おかもとリハビリ訪問看護

救急法についてオンライン勉強会を開催しました!

2021年4月13日

おかもと整形外科

新入職員紹介

2021年4月13日

おかもと整形外科

自宅で出来る膝関節の運動②

2021年4月8日

おかもとリハビリ訪問看護

「おかもん通信 vol.6」を発行いたしました!

カテゴリー

過去の記事