2020年8月12日 おかもと整形外科

五十肩になったら、どうしたらいいの??

こんにちは。リハビリテーション科 理学療法士の田村です!

梅雨が明けて、ついに本格的な夏になりましたね。しかし、暑い…

こまめに水分を取って熱中症に気をつけましょうね。

 

 

さて、本題に入りますが、

五十肩って聞くと、どんな症状を思い浮かべますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・肩が上がらない

・痛みがある

・服を着るのが難しい

 

こういった症状を思い浮かべましたか?

そうなんです。

実際、これらを訴えて来院される方が多くいます。

 

しかしその一方で、いずれ治ると我慢している方も多くいます。

果たして我慢して良いのでしょうか?

 

 

そこで今日は、

なぜこうなるのか、何をしたらいいのか、予後はどうなのか、などなど

五十肩 について説明していきます。

 

 

○五十肩の原因

五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」です。(日本整形外科学会より)

名前の通り、肩関節の周囲にある組織のどこかに炎症が起こっている状態です。

この炎症が肩に痛みを引き起こしたり、動きを悪くしたりします。

残念ながら、炎症が生じる原因は未だにわかっていません…

 

では、五十肩には、何をしたら良いのでしょうか。

 

 

○何をしたら良いかは、肩の状態によって変わる!!

大切なことは、発症からの期間と肩の状態です。

 

五十肩には、急性期拘縮期回復期という3つの病期があります。

 

急性期は、夜間時に痛みがあることが特徴で、何をしていても痛みがあります。

拘縮期は、痛みがある程度落ち着きますが、肩が上がらない状態になります。

回復期は、痛みの消失と肩関節の可動域の回復が見られます。

 

今がどの時期かを知り、適切な対応をすることが大切です

 

具体的に、痛みがある場合の対処法をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、当院の「肩関節痛に対する生活指導」のパンフレットから抜粋したものです。

お求めの方は、当スタッフにお申し付けください。

 

では、五十肩はよくなるのでしょうか?

 

 

○五十肩の予後

朗報です!

五十肩は、基本的に 自然経過で良くなる とされています。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、現実は人によって回復のスピードは様々で、1年以上かかる方もいます。

そこで当院では、一人一人の肩の状態を把握した上で、適切なリハビリを行うことで回復を促しています。

 

実際、個人的な経験則ですが、我慢せず早期に受診しリハビリを受けて頂いた方は、短期間で改善する印象があります。

 

 

○早期受診をお勧めします

自然経過で良くなるとされていますが、その肩の痛みが本当に五十肩かはわかりません。

別の疾患の可能性もあります。

適切な診断のためにも受診し、病期の把握とリハビリを受けることをお勧めします。

 

最後に、肩関節は痛みを出さないのが基本です。

当院ではそのアドバイスができます。

我慢せず早期のご来院をお待ちしております。

 

おかもと整形外科クリニック

Tel:082‐280‐1123

 

ホームページアドレス

おかもと整形外科クリニック: http://okamoto-seikei.jp/

おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html

オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

最新の記事

2022年1月6日

おかもと整形外科クリニックデイケア

体が冷えると痛みや痺れは感じやすくなります。

2021年12月18日

おかもとリハビリ訪問看護

最新の認知症施策とケア ~認知症者をみんなで支え合おう~

2021年12月16日

おかもと整形外科クリニックデイケア

名刺を新しく作ってみました。

2021年12月15日

おかもとリハビリ訪問看護

感染予防についてオンライン勉強会を開催しました!

2021年11月18日

おかもと整形外科クリニックデイケア

体温を上げるためにも朝食は大切です。

カテゴリー

過去の記事