2020年8月24日 おかもと整形外科

ORCS(オークス)のご紹介

おかもと整形外科クリニック理学療法士の三戸です。

本日は当院リハビリテーション科の大きな特徴である、運動施設ORCS(オークス)の

紹介をさせていただきます!

 

ORCS(オークス)とは?

ORCSとはOkamoto Re Conditioning Serviceの略称です。

理学療法士によるリハビリだけでなく、マット上での運動、ウエイトトレーニング、

マシントレーニング、有酸素運動など様々な運動をする事ができます。

運動プログラムに関しては、理学療法士による身体機能検査のもと、

個々に合わせた最適な運動プログラムを提供致します。

ORCSには、運動指導の資格を持ったスタッフが在籍しており、運動指導の予約制も設けております。

運動に自信がない方、トレーニング方法がわからない方でも予約していただければマンツーマンで指導させて頂きます。

 

ORCSで行っているリハビリテーションメニューは?

~理学療法士によるストレッチ&マッサージ~

 

 

 

 

 

~運動器具・マットを利用した自主トレーニング~

 

 

 

 

 

~電気を利用した物理療法~

 

 

 

 

 

~専門スタッフによる運動指導~

 

 

 

 

 

運動の効果って?

そもそも運動はなぜしなければならないのでしょうか?

我々人間は何もしなければ30代をピークに年間0.7%ずつ筋肉が減っていきます。

そうすると筋力低下が進み日常生活に様々な支障をきたしてしまいます。

 

何よりも人間はじっとしておくように作られていないのです!

 

さて、それでは運動にはどんな効果があるのでしょうか?

・ 基礎代謝が上がり痩せやすくなる
・ 日常生活が楽になる 腰・膝の痛みが緩和される
・ 怪我をしにくくなる
・ 精神的にポジティブになれる
・ 疲労を感じにくくなる

運動を行うことでご自身の身体について知って頂くことも大切ですし、

当院では運動を行いやすくする環境としてORCSを利用して頂いております。

ご利用についてご不明な点はスタッフまで!

一緒に動きやすい身体づくりをしていきましょう!

 

おかもと整形外科クリニック

Tel:082‐280‐1123

ホームページアドレス

おかもと整形外科クリニック: http://okamoto-seikei.jp/

おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html

オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

2020年8月24日 おかもと整形外科

リハビリって何をするの?

みなさんこんにちは!

おかもと整形外科クリニックの理学療法士の三戸です。

 

当院でのよくある光景として・・・

 

医師「さて、ここがこういう状態なので痛みの原因はここにあると考えられます。

薬を使って炎症を抑えましょう。さらに今日からストレッチなどのリハビリを行っていきます。

では、リハビリ室へ行きましょう!」

患者様「リハビリ?薬と湿布くらいかと思ってた。何をするんだろう?」

なんて会話が繰り広げられることがあります。

 

また、逆に「リハビリをしっかりしてくれると聞いて」と

遠方から当院へわざわざお越し下さる患者様もいらっしゃいます。

 

今日は当院でおこなっている理学療法を中心としたリハビリについて

ご紹介させて頂きます。

 

リハビリの流れ

1.医師の処方

まずは診察にて画像検査や問診、整形外科的検査などを踏まえて

医師がリハビリの必要性を判断し、リハビリの処方を出します。

(薬と同じようにリハビリもやはり「医師の処方」ありきなのです)

 

2.リハビリ室にて理学療法評価

医師の処方のもとに担当の理学療法士が

現在ある症状や日常生活で困っていることなどを問診していきます。

問診では症状に関係のありそうな生活での動作や仕事との関連性、

学生さんであれば、部活動の練習の様子や競技のことについてなど

様々なことをうかがい、リハビリの目標を設定していきます。

(こうした問診という会話を通じて患者様と目標を共有したり、

患者様がご自身の身体について分かって頂くことができます)

そして、症状の出る動きなどを実際に行ってもらい、

動きと症状の関連性を評価していきます。

歩くことや、必要に応じてランニングマシンを使っての評価、

野球のピッチャーであれば、投げる様子などを見させていただきます。

(理学療法士は動きの専門家なのです!)

そしてさらに問題のある関節の動きや筋力などを細かにチェックしていき、

動きと症状の関連性をより具体的に評価していきます。

(そうした中で患者様へご自身の身体の強みや弱みなどをお伝えしていきます)

 

3.徒手療法や物理療法

理学療法評価によってわかった筋力の弱さや体の固さなどの問題点に対して、

ストレッチや関節の動きを促す施術、電気治療などを行い、

まずは動くために必要な身体の環境を整えていきます。

 

4.運動療法

ストレッチやマッサージで症状や症状に関連する悪い動きが改善するわけではありません。

「自分で自分の身体をコントロールすること」が当院の目指すところです。

動きやすい環境を整えたうえで、自裁に望ましい動きを身体に学習させていきます。

弱くなっている筋肉の強化や動きの練習など様々なエクササイズを組み合わせていきます。

こうしたエクササイズを通じて、症状が軽くなり、動きやすくなる、

という事を実感していただくことを常に考えてリハビリを提供しております。

 

5.セルフエクササイズ指導や日常生活指導

さらに重要なのは、ご自宅でも継続してストレッチ等の運動を行って頂くことです。

パンフレットなどを用いて、自宅でおこなって頂きたいエクササイズの説明や

症状を悪化させないための生活での工夫などをお伝えさせて頂いております。

 

セルフストレッチの例:自宅で出来るエクササイズ~大腿四頭筋~

生活上の注意点の例:五十肩になったら、どうしたらいいの??

 

さらにおかもと整形外科クリニックでは、運動を行う環境として

Okamoto Re Conditioning Service :ORCS(オークス)

を併設しており、積極的な運動の提供を実施しております。

ORCSについてはコチラ

 

このようにおかもと整形外科クリニックでは、

患者様に少しでも自分の身体のことを分かって頂くとともに、

ご自身で身体をコントロールしていくことができるように

なっていただくことを目指してリハビリを提供しております。

 

お困りごとがあれば、ぜひご相談下さい!

 

おかもと整形外科クリニック

Tel:082‐280‐1123

 

ホームページアドレス

おかもと整形外科クリニック: http://okamoto-seikei.jp/

おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html

オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

 

 

最新の記事

2021年11月18日

おかもと整形外科クリニックデイケア

体温を上げるためにも朝食は大切です。

2021年11月6日

おかもとリハビリ訪問看護

「おかもん通信 vol.8」を発行いたしました!

2021年10月23日

おかもとリハビリ訪問看護

「東区多職種連携の会~ひがしの絆~」に参加しました!

2021年10月23日

おかもと整形外科クリニックデイケア

寒くなった朝を気持ちよく起きるには

2021年10月15日

おかもとリハビリ訪問看護

呼吸療法についてオンライン勉強会を開催しました!

カテゴリー

過去の記事