2020年9月28日 おかもと整形外科

歩き始めや階段で膝が痛いのはどうして? ※中高年の方は必見です!

こんにちは。リハビリテーション科、理学療法士の田村です。

 

今日は、中高年に多い 膝の痛み について、お話ししていきます。

歩き始めや階段で膝が痛いのは、膝が変形していることが原因かもしれません。

詳細や対処法が気になる方は、そのままお読みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○この記事の要点

・中高年になると膝の関節が劣化し変形する

・変形しても必ず手術をするわけではない

・運動によって、膝の痛みが改善することが世界的に証明されている

・膝の痛みには、リハビリを通じて自分の体に合った運動を行うことが大切

 

○膝に何が起こっているの?

中高年に多い疾患の一つに、「変形性膝関節症」というものがあります。

これは、関節の間にある軟骨がすり減ってしまい、骨が変形している状態です。

いわゆるO脚になっている方が多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、軟骨がすり減る原因はなんでしょうか。

大きく2つあります。

それは、 老化 肥満 です。

 

老化と聞いて、なんだやっぱりか…というため息が聞こえてきそうが、

残念ながら、やはり老化は軟骨の弾力を失わせます。

 

そして肥満も非常に良くありません。

実は、歩くとき膝には体重の3の負担がかかると言われています。

僕は65kgなので、195kgの負担が膝にかかっているんですね…

 

 

○変形したら手術しかないの?

結論から言うと、NOです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変形していても痛みがない人は沢山います。(7〜8割は痛くないと言われています。)

変形が強くても、運動と減量で痛みが軽減する可能性があります。

手術は選択肢の一つですが、必ずしも 変形=手術 ではないことは知っておいてください。

手術の必要性については、医者に相談してみましょう!

 

 

○膝の痛みはどうしたら改善するの?

もうお分かりの方もいると存じますが、

運動療法減量 です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらに効果があることは、日本整形外科学会も理学療法診療ガイドラインも示しています。

まずは、痛みのない範囲で、ウォーキングやスクワット、ストレッチなどを実施してみてください。

ストレッチについては、当院のブログに既に挙げられているので、ご参照ください。

ストレッチの記事はコチラ

 

しかし、膝の変形の程度、痛みの状態、生活環境などから、お一人お一人で運動の内容が異なってきます。

膝の痛みが気になった際は、当院への早期受診をお勧めします。

 

あなたのお体にあった必要な運動をご提案します!

 

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

最新の記事

2021年11月18日

おかもと整形外科クリニックデイケア

体温を上げるためにも朝食は大切です。

2021年11月6日

おかもとリハビリ訪問看護

「おかもん通信 vol.8」を発行いたしました!

2021年10月23日

おかもとリハビリ訪問看護

「東区多職種連携の会~ひがしの絆~」に参加しました!

2021年10月23日

おかもと整形外科クリニックデイケア

寒くなった朝を気持ちよく起きるには

2021年10月15日

おかもとリハビリ訪問看護

呼吸療法についてオンライン勉強会を開催しました!

カテゴリー

過去の記事