ロコモティブシンドロームのチェック方法!

2021年3月25日おかもと整形外科

だいぶ暖かくなり、花粉が飛び出しましたね。

おかもと整形外科クリニックの田村です。

 

今回は、ロコモティブシンドロームのチェック方法をお伝えします。

自分や身の回りの人が、ロコモかチェックしてみてください。

 

方法1    立ち上がりテスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず40cmの台に両腕を組んで腰かけます。このとき両脚は肩幅くらいに広げ、

床に対して脛(すね)がおよそ70度(40cmの台の場合)になるようにして、

反動をつけずに立ち上がり、そのまま3秒間保持します。

 

これができれば、片脚で同様に立ち上がりできれば台の高さを10cmずつ下げて、

最終的には10cm台の低さで片脚立ちを行います。

片脚立ちが40cm台でできなければ、両脚で10cmずつ台を下げて立ち上がりを行います。

 

結果判定

立ち上がり結果 評価
ロコモ度1 どちらか一方の脚で40cmの台から立ち上がれないが、両脚で20cmの台から立ち上がれる 移動機能の低下が始まっています
ロコモ度2 両脚で20cmの台から立ち上がれないが、30cmの台から立ち上がれる 移動機能の低下が進行しています
ロコモ度3 両脚で30cmの台から立ち上がれない 移動機能の低下が進行し、社会参加に支障をきたしている状態です。

 

方法2    2ステップテスト

1 スタートラインを決め、両足のつま先を合わせます。

 

 

 

 

 

 

 

2 できる限り大股で2歩歩き、両足を揃えます(バランスを崩した場合は失敗とし、やり直します。)

 

 

 

 

 

 

 

3 2歩分の歩幅(最初に立ったラインから、着地点のつま先まで)を測ります。

 

 

 

 

 

 

 

4 2回行って、良かったほうの記録を採用します。

 

5 2歩幅cm ÷身長cm=2ステップ値を算出します。

 

◯結果の判定方法

2ステップ値 評価
ロコモ度1 1.1以上1.3未満 移動機能の低下が始まっています
ロコモ度2 0.9以上1.1未満 移動機能の低下が進行しています
ロコモ度3 0.9未満 移動機能の低下が進行し、社会参加に支障をきたしている状態です。

 

 

いかがでしたか。

どのレベルでもロコモに引っかかった方は、運動をすることをお勧めします。

当院では、ORCSを併設しているため、そちらで運動することができます。

 

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと整形外科クリニックデイケア:http://okamoto-seikei.jp/daycare/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

最新の記事

2021年4月14日

おかもとリハビリ訪問看護

救急法についてオンライン勉強会を開催しました!

2021年4月13日

おかもと整形外科

新入職員紹介

2021年4月13日

おかもと整形外科

自宅で出来る膝関節の運動②

2021年4月8日

おかもとリハビリ訪問看護

「おかもん通信 vol.6」を発行いたしました!

カテゴリー

過去の記事