2021年8月31日 おかもと整形外科

TOKYO2020陸上競技に帯同してきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかもと整形外科クリニックの相原です。

7月26日〜8月8日の2週間、日本陸連のトレーナーとして新国立競技場に行ってきました。

このオリンピックでの活動は、競技場内での救護活動を行いました。

陸上競技は複数の種目が同時に進行するため、場合によっては複数箇所でアクシデントが起こる可能性があります。

アクシデントが起こった際に、迅速に対応(処置や搬送)することが役割でした。

 

 

 

 

 

 

 

普段、広島での大会や日本選手権などでも同様の活動は行ってきましたが、

初めての国際大会、初めての長期間活動、当たり前ですが色んなことが初めてで、

緊張感あふれる中での活動でした。

 

また、コロナウイルスの蔓延が危惧された中、

またオリンピック開催に賛否がある中での活動だったので、

活動以外のところでも気を揉むことが多々ありました。

 

選手に対応した事例もありましたが、大きな事故なく大会を終えることができて本当に良かったと思います。

 

2013年に東京オリンピック開催が決まり、トレーナーとして関わりたいと思い、

これまでいろんな活動・行動をおこしてきましたが、

この目標を達成できたのも、院長はじめ院内スタッフの理解あってのことです。

 

本当に”感謝”です。

 

 

 

 

 

 

 

 

患者様の皆様にも長期の不在で大変ご迷惑おかけしました。

 

この貴重な経験を、’いい経験だった’で終わらせることなく、次の活動に活かすこと、

また少しでも多く、当院のスタッフに伝えることが役目だと思っています。

 

また次の目標に向けて頑張りたいと思います。

 

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと整形外科クリニックデイケア:http://okamoto-seikei.jp/daycare/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

2021年8月14日

熱中症は水分補給だけではダメです。

おかもと整形外科クリニックのデイケアでは、送迎前に健康などについての話をして締めくくるのですが、

暑い時期になると熱中症についての話をよくします。

でも、その熱中症の話をしている私が先日熱中症になりました。

熱中症の注意喚起をしている私がなぜ熱中症になったのか?

これも熱中症対策には大切です。

私は週末はたいてい近所の山に運動で登っているのですが、その日は35度の温度!

登っているとさすがに暑さで体が重く、汗を非常にかきます。

でも、この日は汗のかき方が尋常ではなく、いつも以上に服もビショビショです。

下山して駐車場に戻る頃になって気分が悪く、軽い吐き気があることに気づきました。

山を歩いている時には気づきませんでしたが、体から熱が出てくる感じもある・・・

水分は3時間で2.5ℓとっていたので問題なかったと思いますが、間違いなく熱中症!

そういえば、異常な汗は熱中症の初期症状!山登りでの体の重さは実は体のだるさだったのでしょう!

動いているときはわかりにくいものです。

水分補給は意識して行っていたのですが、運動での体からの発熱と外気温とで体に熱がこもっていたようです。

今回体験して痛感したのですが、熱中症対策は水分補給のみではダメです。

暑い日には体温を上げる動作を行うことはとても危険です。涼しいところで過ごすのが安全なようです。

よくニュースでも部活で熱中症という話を聞きますが、たぶん同じケースだと思います。

しっかりエアコンを使って、熱中症対策を行っていきましょう!

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと整形外科クリニックデイケア:http://okamoto-seikei.jp/wp/category/daycare/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

2021年8月13日 オークス上深川

栄養通信

 

みなさんこんにちは デイサービスセンターオークス上深川 相談員の國川です。

 

今回は、オークス上深川の昼食担当の(株)Laughの管理栄養士さんが

 

作成して下さいました 『栄養通信8月号』 について紹介したいと思います。

 

今回の『栄養通信』は「夏バテ」について解説をしてくれています。

 

栄養面で夏バテに効くレシピもありますので、皆様ぜひご覧ください!

 

20210812140744

 

オークス上深川でお昼に出して頂いている昼食も、普段なかなか食べられない

 

日本各地の地域食や、利用者様に食べやすいように工夫をして頂き美味しいと好評です。

 

 

行事食や日本全国の地域食など(株)Laughさんの食事に興味のある方は

 

お気軽にご連絡ください!

 

 

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123

ホームページアドレス

おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/

おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html

オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

 

 

 

2021年8月11日 おかもとリハビリ訪問看護

認知症ケアについてオンライン勉強会を開催しました!

おかもと整形外科クリニックの井出です。

定期的に開催しているオンラインでの事業所勉強会。今月は、認知症ケアについて学びました!

「認知症」に関する報道は以前に比べるとずいぶん目にする事が増えてきたと思います。

ひとくくりに「認知症」といっても認知症の種類によって特徴や経過も異なります。

本日の勉強会では、アルツハイマー型認知症に着目し、症状の進行や経過、非薬物療法の効果について学びました。

広島市の第8期広島市高齢者施策推進プラン(2021年度~2023年度)によると、認知症を有する高齢者数は、これまでの年齢階層別の出現率の傾向を踏まえると、第 8 期 の計画期間の最終年度である令和 5 年度(2023 年度)には 3 万 9,714 人になる見込みのようです。

また、その後も認知症高齢者数は増加し、令和 7 年度(2025 年度)には 4 万 2,778 人に、 令和 22 年度(2040 年度)には 5 万 9,280 人になる見込みです。

私たちは、認知症の人が自分らしく住み慣れた地域や家で安心して暮らせるよう、かかりつけ医、ケアマネジャー、地域の他事業所としっかり連携をとり、

認知症の人とその家族をサポートします。

お困りごとがありましたら、ご連絡ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと整形外科クリニックデイケア:http://okamoto-seikei.jp/daycare/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

最新の記事

2021年10月15日

おかもとリハビリ訪問看護

呼吸療法についてオンライン勉強会を開催しました!

2021年9月28日

おかもと整形外科クリニックデイケア

秋も水分補給は大切です。

2021年9月8日

おかもとリハビリ訪問看護

吸引についてオンライン勉強会を開催しました!

2021年8月31日

おかもと整形外科

TOKYO2020陸上競技に帯同してきました

カテゴリー

過去の記事