2021年1月30日おかもとリハビリ訪問看護

自宅での運動や健康づくりにスマホを利用してみてはいかがですか

おかもと整形外科クリニックの井出です。

コロナ禍で、なかなか外出することもかなわず人と交流する機会や、運動する機会が減っている方も多いのではないでしょうか?

コロナ禍の前と比べて、運動する機会が減り、体調や体力に何かしらの変調を感じている方も多いと思います。

今回は、広島市からいただいた情報提供いただいた「オンライン通いの場アプリ(国立研究開発法人国立長寿医療研究センター作成)」をご紹介します。

自宅でできる体操や、脳を鍛えるゲームなどが紹介されていて、楽しみながら運動することや脳トレをすることができます。

スマートホンなどをお持ちで、このアプリをダウンロードできる環境がある方はご活用されてみてはいかがでしょうか?

私も早速ダウンロードしてみました。

 

 

おかもとリハビリ訪問看護ステーションでは、「介護予防」にも積極的に関わっています。

以前できていた日々の活動動作に難しさを感じることなどがあれば、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと整形外科クリニックデイケア:  http://okamoto-seikei.jp/daycare/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

2021年1月26日おかもと整形外科

ジャンパー膝

おかもと整形外科クリニック理学療法士の西村です。

今回はジャンパー膝について説明しようと思います。

 

ジャンパー膝とは膝蓋腱炎とも呼ばれ、ジャンプや着地動作、ダッシュやストップなどの動作を

繰り返し行うことで膝蓋腱やその付着部に生じるオーバーユース障害です。

 

 

 

 

 

 

 

〇症状

ジャンプや着地動作を行うと膝蓋腱部に疼痛が生じる。

重症度

軽症:運動後に痛みが出現

中等症:運動中にも痛みが認められるレベル

重症:痛みにより運動のパフォーマンスが低下する

 

〇原因

大腿四頭筋の収縮により膝蓋腱に牽引力が繰り返し加わることで生じる。

男性に多く、筋の柔軟性低下、筋力不足、筋のアンバランス、オーバートレーニングなど様々な要因が挙げられる。

 

〇予防と治療

運動前後でのストレッチをしっかり行いましょう。

大腿四頭筋のストレッチ

ハムストリングスのストレッチ

運動後など疼痛が強い場合や熱を持っている時はアイシングを行いましょう。

また、痛みが強い時期には無理をしないように様子見を見ながら運動をしてください。

分からないこと、相談したいことなどあれば、ぜひ当院を受診してください。

理学療法士が症状に合わせてリハビリを提供しますので一緒に頑張りましょう!

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

2021年1月23日

朝食は大切です。

おかもと整形外科クリニックデイケアの本宮です。

寒い日が続きますが、寒さに負けていませんか?

特に朝は冷えるので、体が動かしにくいのではないでしょうか?

朝一番、体を動かしやすくするには、体が温まる必要があります。

暖房をつけたり、温かいものを着るのも体は温まりますが、

外から体を温めるのではなく、内から体を温める事が体を動かすためには必要です。

内から体を温めるにはどうするのか?

運動?・・・朝起きてすぐに私も運動は無理です。

ではどうするのか?

それは、朝食をとる事です。

朝食をとることで消化器系が働き始めます。

内臓が働くと熱を出してくれるため、体を内から温める事ができます。

それに加え、温かい味噌汁やパン食であれば温かいコーヒーなどを飲むことで、直接熱も入れる事ができます。

栄養もとれて手軽に体を温める事ができるので、朝食は非常に大切です。

寒い中、朝食で暖機運転をして、活動的な生活を行いましょう!

 

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと整形外科クリニックデイケア:http://okamoto-seikei.jp/daycare/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

 

2021年1月23日オークス上深川

利用者様の作品紹介!

 

皆様こんにちは、デイサービスセンター オークス上深川の相談員 國川です。

 

今日はデイサービスセンターオークス上深川を利用して下さっている利用者様の作品を

 

ご紹介したいと思います。

 

作品はずばり 『 アマビエ 』です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『アマビエ』とは、江戸時代の肥後(熊本)に出現した妖怪と言われています。

 

外見は人魚のようで、鳥に似たくちばしがあります。

 

「病がはやったら私の写し絵を人々に見せよ」と言いのこし、海へ消えたとの言い伝えがあると

 

言われています。

 

今のコロナ禍にぴったりの作品です。作って頂いた利用者様も

 

「新型コロナウイルスが早く終息してほしい気持ちで作りました。」と言われていました。

 

もちろん、デイサービスセンターオークス上深川では感染予防もしっかり行っています。

 

・職員・利用者様のマスク着用、手指消毒、利用前の体温測定をしっかりおこなっています。

・各机にはアクリル板を置き飛沫感染を防いでいます。

・換気を行っています。

・消毒作業をおこなっています。

・エアコンは菌やウイルスに強い、パナソニックのナノイーXを使用しています。

 

デイサービスセンターオークス上深川で運動やレク活動をしてみたい方はぜひご連絡をください!

デイサービスセンターオークス上深川  (082)840ー3355          担当:國川

 

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

2021年1月20日おかもとリハビリ訪問看護

事故、緊急時対応についてオンライン勉強会を開催しました!

おかもと整形外科クリニックの井出です。

 

定期的に開催しているオンラインでの事業所勉強会。本日は、事故対応や緊急時の対応、再発防止の取り組みなどについて学びました!

思わぬ事故や緊急時は、気が動転して思うように頭も体も動かないことが予想されます。日頃から、シュミレーションしておいたり、マニュアルをいつでも手にとれる場所において定期的に読み返すことも必要です。また、起こってしまったことをただ悔やむのではなく、そこから繰り返さないための学びが何より重要だと改めて確認することができました。

 

これからも「繰り返し、繰り返し」学んで、より地域に役立てるステーションになれるよう努力します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123

ホームページアドレス

おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/

おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html

オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

 

2021年1月14日オークス上深川

『オークスの木』!

 

皆様こんにちは、デイサービスセンター オークス上深川の相談員 國川です。

 

今日はデイサービスセンターオークス上深川にある、『オークスの木』について

 

取り上げてみようと思います。

 

『オークスの木』とは、オークスの玄関を入ってすぐにある大きな木です。

 

本当の名前は「フィカス・ウンベラータ」と言います。

 

この木には、ご利用者様に作って頂いた作品などをご利用者様自身に飾って頂いております。

 

皆様もぜひ作品を作り、この『オークスの木』を飾り付けてみませんか!

 

興味がある方はぜひご連絡をください!!!

デイサービスセンター オークス上深川  (082)840-3355 担当:國川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

2021年1月14日おかもと整形外科

肩こりが生じる原因とその解決法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかもと整形外科クリニック 理学療法士の田村です。

最近、寒い日が続きますね。

肩こりが酷くなったと感じる方も多いのではないでしょうか。

 

今日は、肩こりについてお話します。

 

○本日の要点

・肩こりの原因の多くは、運動不足や不良姿勢、冷房などが挙げられる

・定期的に運動することが好ましい

・実は、病院を受診した方がいい場合がある

 

○肩こりの原因

原因については、運動不足、不良姿勢(猫背・前かがみ)、精神的なストレス、なで肩、

長時間同じ姿勢をとること(テレビ鑑賞やデスクワーク、スマホ)、ショルダーバッグ、冷房などが原因になります。

 

確かに、スポーツした後って、あまり肩こりを感じることはあまりないですよね。

逆に、テレビやスマホをずっと観たりPC作業をしたりすると、すぐに肩がこりますね。

 

不良姿勢や長時間の同一姿勢、寒さにより肩まわりの筋肉がずっと緊張することが原因だと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○解決策は、運動?

答えは、Yes。

やはり運動が大事です。

筋肉はゴムのように伸び縮みするので、動かしてあげることで血流を良くし、筋肉の緊張を落とす必要があります。

また、いい姿勢を保持するためにも筋力が必要になります。

いい姿勢は、こちらの記事をご覧ください。

 

 

○ただし、肩こりは筋肉だけの問題じゃなく、怖い病気のことも

実は、心臓や肝臓が悪いと、肩に症状が出ることがあります。

首の神経が障害されても、同様に肩に痛みを感じることがあります。

その場合は、すぐに病院を受診する必要があります。

寝ていてもずっと痛みがあったり、何をしていてもずっと症状があったりする場合は、早期の病院受診をお勧めします。

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

2021年1月9日

日常生活に生かせるスクワットの運動

おかもと整形外科クリニックデイケアの本宮です。

年末年始のお休みで運動不足の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はその運動不足解消のためのスクワット運動の紹介です。

最近、テレビでもスクワットは多く紹介されていますが、それは膝がつま先よりも出ないように・・・という説明がほとんどです。

確かに筋力強化として行うのであれば、膝がつま先を出ないように行った方が難しいため、筋力はつくかもしれません。

でも、日常でこのような動き方をするでしょうか?

椅子から立つときには必ず膝はつま先よりも出ます。

・・・と言う事は、実用的な筋肉をつけるためには膝はつま先よりも出るようにして行う必要があります。

ただ筋肉を付けたいのか?それとも実用的な筋力を付けたいのか?

ただ筋肉を付けたいという目的であっても、実用的なスクワットの回数を増やせばその問題点も解決できるはずです。

テレビやインターネットでさまざまな運動が紹介されていますが、それを視聴してもらうためには面白く作る必要があります。

面白く作るために目的にズレが生じている場合も多々ありますので、テレビで気になった体操などがあれば、まず専門知識のある人に相談することをお勧めします。

コロナで外出を控えている方も多いと思いますが、今回のスクワット運動はテレビを見ながらできるので、「ながら作業」感覚で運動不足解消してみてはいかがでしょうか?

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと整形外科クリニックデイケア:http://okamoto-seikei.jp/daycare/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

2021年1月8日おかもと整形外科

ストレッチとは?

こんにちは‼︎

クリニック理学療法士の福井です。

 

これまでに、いくつかストレッチの方法をお伝えしてきましたが、

今回は【ストレッチ】について説明していきたいと思います。

 

先ず、「ストレッチ」とはモノに対して伸張を加える事を指し、

「ストレッチング」とは、スポーツ現場においてのウォーミングアップや

クールダウンの一環として行っているものや、

治療的に筋肉に対して伸張を加える事を指すと言われています。

 

自分もスポーツをしている高校生を診る事があるのですが、

中々、ストレッチを理解して行っている子は少ないです。

その為、ケガをしてしまう子がたくさんいます。

静的ストレッチ・動的ストレッチという言葉をご存知ですか。

 

静的ストレッチとは、筋肉を伸ばした状態で反動をつけず一定時間保持する事で、

筋肉の緊張を和らげ、柔軟性の向上や関節可動域の拡大などを図ります。

例)肘の静的ストレッチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例)首の静的ストレッチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動的ストレッチには主に2種類のストレッチがあり、1つは筋肉を伸ばした状態から、

リズミカルに反動を利用したバリスティックストレッチと、

もう1つは伸ばしたい筋肉と相反する作用の筋肉に力を入れる事で、

結果的に伸ばしたい筋肉を伸張させるダイナミックストレッチがあります。

例)反動をつけたアキレス腱伸ばし        例)ラジオ体操

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれのストレッチが適しているタイミングは違います!!

ここが、今回の「ミソ」なのですが、スポーツをしている子の多くが勘違いをしている事として、

運動の前後はストレッチという認識が強いです。

しかし、先程も述べたようにそれぞれのストレッチが

適しているタイミングが違う為、正しいとは言い切れないです。

 

では、それぞれのストレッチが適しているタイミングについて説明します。

静的ストレッチは、運動の前に行うと筋力低下が生じ、パフォーマンスの低下に繋がってしまうと言われている為、

運動後に柔軟性の向上やリラックス効果を得る為に行う事が理想です。

運動後の静的ストレッチを怠ると、翌日の体の動かしにくさに繋がってしまい、結果的にケガに繋がってしまいます。

動的ストレッチは、運動前のウォーミングアップで行う事が推奨されています。

キレのある動作の獲得や心拍数向上も期待できます。

ケガをしない体作りの為に、ストレッチからこだわって行っていきましょう‼︎

 

次回は、「動的ストレッチの方法」について説明していきますので、楽しみにしていて下さい!!

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123
ホームページアドレス
おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/
おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html
オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

2021年1月4日おかもとリハビリ訪問看護

「おかもん通信 vol.5」を発行いたしました!

あけましておめでとうございます!

おかもと整形外科クリニック 理学療法士の井出です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

訪問看護ステーションの広報紙「おかもん通信 vol.5」を発行いたしました。

今回のテーマは「意思伝達装置」です。

話すことが難しく手足の不自由な方が、家族や友人などとコミュニ ケーションを取る際に利用する装置の紹介記事です。

今回紹介する専用機器を利用することで、目線だけでパソコン を操作することができるようになります。

今まで想いを伝えることができなかった方が周りの方に想いを伝えられるようになること。

周りの方が本 人の思いを知ることができること。

機器を導入することで間違いなく生活が変わります。導入にあたあっては、いろいろな制度の壁もあります。

まずは、行政の福祉係や当ステーションの担当者にお声掛けください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかもと整形外科クリニック Tel:082‐280‐1123

 

ホームページアドレス

 

おかもと整形外科クリニック:http://okamoto-seikei.jp/

 

おかもと訪問看護リハビリステーション:http://okamoto-seikei.jp/houmonkango/index.html

 

オークス上深川(デイサービス):http://okamoto-seikei.jp/orcs_kamifukawa/index.html

最新の記事

2021年4月14日

おかもとリハビリ訪問看護

救急法についてオンライン勉強会を開催しました!

2021年4月13日

おかもと整形外科

新入職員紹介

2021年4月13日

おかもと整形外科

自宅で出来る膝関節の運動②

2021年4月8日

おかもとリハビリ訪問看護

「おかもん通信 vol.6」を発行いたしました!

カテゴリー

過去の記事